世界のユニークな精力回復療法

潜在的な勃起不全は1000万人を超える

現在、日本には約1100万人のED(勃起不全)患者がいるそうです。これは病院に通っている人の数なので、放っておいたり、民間療法に頼っている人の数をいれるともっと多くなるでしょう。その総数は計り知れません。

 

EDには、大きく分けると2つの原因があります。一つは心因性で、もう一つが器質性です。

 

心因性は心理的要因の勃起不全を指します。30〜40代の男性に多く、まだ本来は精力のがある若いうちからかかることが多く、仕事の責任が増してストレスを抱えている世代に広がっているようです。また、20代の若い人でも勃起不全になる人が出てきているようなので、ストレス社会が拡大していることがうかがえます。

 

もう一つが器質性ですが、こちらは体のどこかに問題があって起こる勃起不全です。主に血液の病気が関わっている場合が多く、動脈硬化や糖尿病が勃起不全を引き起こします。勃起には血液のペニスへの流入が不可欠なので、たとえばどこかで動脈硬化が起こると体全体で血流が悪くなり、勃起不全へと至るのです。

 

勃起不全対策としては、民間療法と医療があります。民間療法はうなぎやスッポンなどの精力回復に効くものを食べたり、運動などで活力を取り戻す方法が主流です。一方、医療はズバリバイアグラなどの勃起不全治療薬による対策となります。

 

バイアグラなどの勃起不全治療薬は劇的な効果があるものの、まれに副作用が起こることがあるため誰にでも使えるものではありません。血管の病気でニトロ製剤を使っている場合は使用禁止となるため、重度の器質性を抱えていると使えないことがあるようです。こういう場合はまず生活習慣を正して動脈硬化などを改善することが先決となります。

 

一方、心因性の場合はバイアグラなどでも一定の効果があります。事実、クリニックに訪れる心因性勃起不全の患者はどんどん増加傾向にあり、かなりの改善例がでているようです。

 

 

さて、世界に目をむけるとどうでしょうか。例えば中国には漢方があり、精力回復でも大きな権威を誇っています。その他の国でも、精力回復は男性の大きな注目を集めている分野なので、さまざまな療法が乱立しています。

 

当サイトでは、そんな世界の一風変わった精力回復方法を紹介します。中にはおまじないじみた信ぴょう性のないものも含まれていますが、ユニークで面白いのでぜひご一読ください。
メガマックスウルトラの効果と副作用