タイの古式マッサージが精力回復を助ける

睾丸マッサージは激痛だが効果アリ

タイと言えば、古式マッサージの国というイメージがあります。事実、タイにはマッサージ院がいたるところに乱立しており、肩こりや腰痛の治療、はては女性の便秘改善をうたうものまで、さまざまなマッサージ法が存在しています。

 

中でも今流行しているのが、睾丸マッサージです。EDの治療の一環として、睾丸をマッサージすることで精力回復しようというのです。

 

今ではデパートのそばに専門のマッサージ院がいくつも建つほどの人気ぶりで、買い物ついでに訪れる男性がたくさんいます。

 

ただ、実態は若干いかがわしいものです。店員は女性で、睾丸マッサージのあとにスペシャルサービスをオススメし、客が了承したら一戦交えるというものです。いわば風俗店です。

 

とはいえ、それなら他の風俗に行けばいいわけで、睾丸マッサージが流行るのは「実際に効果がある」からだそうです。

 

睾丸マッサージはタイ語で「カルザイ」と言い、の古式マッサージのなかでも秘伝とされており、睾丸などを直接マッサージして治療する方法です。性感マッサージのようでもありますが、実際には激痛が走るものだそうです。それはあたりまえで、「睾丸」をじっくりマッサージするのですから、男性ならだれでもわかる痛みが襲います。

 

そのため継続するにはそれなりの覚悟が必要ですが、実際にある程度の効果があるということで、男性たちは我慢しつつマッサージを受けているようです。